result.gif (8050 バイト)

 

2016年アスタリスクF.C.公式戦総合成績

試合数

 勝 

 敗 

引分

勝率

得点

失点

10 4 6 0 0.4 25 22

2016年アスタリスクF.C.全試合総合成績

試合数

 勝 

 敗 

引分

勝率

得点

失点

44 17 22 5 0.4 109 94

 

 

日付

内容

対戦相手

スコア

得点者
(アシスト)

会場

32 12月3日(土) 練習試合

エルサバドFC
ヨントスコア

1-5

2-4

イチロー(八塚)

竹村(八塚)

イサオ(なし)

小菅競技場

コメント募集中

参加者(16名)
タンク、竹村、香取、イチロー、八塚、西村、今林、イサオ、山川、名倉、峯岸、湯原、新上、カルロス、助っ人×2

31 11月13日(日) 練習試合

武蔵野不発団
フォアローゼズ

4-2

2-2

イチロー(なし)

山川(大池)

竹村(中村)

大池(中村)

イサオ(長嶺)

長嶺(イチロー)

武蔵野通研グランド

コメント募集中

参加者(15名)
香取、イチロー、タンク、中村、藤原、竹村、カルロス、今林、長嶺、三輪、岡主、山川、小松、花岡、助っ人

30 11月5日(土) 練習試合

スカイフリー・AM
FCアイアス

4-2

2-2

大池(香取)

三輪(峯岸)

イチロー(イサオ)

山川(なし)

三輪(大池)

八塚(大池)

越谷流通公園サッカー場

コメント募集中

参加者(12名)
花岡、イチロー、カルロス、タンク、今林、山川、三輪、湯原、大池、峯岸、八塚、助っ人

29 10月16日(土) 練習試合

多摩GOZZA

8-3

イチロー(峯岸)

イチロー(藤原)

山川(竹村)

山川(なし)

西村(峯岸)

峯岸(竹村)

イサオ(竹村)

八塚(イチロー)

旧西落合中学校

【タンク】
本日は合計120分間の長丁場お疲れ様でした!
公式戦も終わり、来シーズンに向けた新たな戦いを8対3で勝てた事が嬉しく、良いスタートを切れたと思います!藤原さん、藤崎さん、今さん、ひでさんとメンバーも多く、アスタリスクの層の厚さを感じる1日でした!
細かな戦術はみねさんや西村さんにお願いするとして、外から見ていて感じた事をコメントします。

Discussion!
ゾーンはどんな相手にも通用すると思います。しかし相手が強かろうが弱かろうが相手のペースに合わせた戦いになりがちなので、現時点の戦略をもっと詰めて自分達のスタイルを作りあげないといけないと思いました。特に攻めについて!守りは固まりつつありますが、攻めのタイミングで各ポジションの選手がどのように動くべきか、真ん中に当てた後の動き出しも含めてどのように動くべきかを改めて話し合っていきましょう。

Challenge!
今日はパスワークが良く、ゴール前に行く場面が多くありましたが前半はいざ勝負の所でチャレンジが少なかったです。試合中に山さんがもっと積極的にと声を出しましたが、そこから各自がシュートや前にチャレンジする姿勢が見られたので、バイタルエリアでは常に積極果敢にいきましょう!その姿勢が相手にプレッシャーになりますし、パスもより通りやすくなると思います。バイタルでのチャレンジはミスをしてもゴールを狙うべきです!

Get moving&Trust your team!
また、イチローの動きを見て思いましたが常にチャンスをうかがっていました。ボールが来る来ないは別にして、まずは動き出し!その繰り返しが点に結びつくので仲間を信じて動き出しを繰り返していきましょう!体力が必要ですが、三部に上がるには全体の体力アップも課題になると思いますので試合と練習を通して体力強化も視野に入れて来期を迎えましょう!

Strength&motivation!
体作りとモチベーションは社会人サッカーにとって簡単な事ではありませんが、今季の悔しさを来期に繋げるためにまずは私が実践出来るように痩せますので、アスタリスクの長年の夢を果たせるようチャレンジ精神を持って来期に備えていきましょう!先発争いに勝てるような体にしていきます!

Appreciation!
試合は出来ませんでしたが、外から見ていても楽しく、素晴らしいチームに所属出来ている事に感謝しております!

タンク

【藤原】
藤原です。
昨日は20分×6本、お疲れ様でした!
スタミナ切れで迷惑をかけてしまいましたが、楽しくサッカーができて良かったです。
さて、コメントです。

[ゾーンディフェンス]
初めて参加させていただきましたが、やり易く、チームとしてもとてもよく機能していたと思います。
相手ボールの多くをサイドライン近傍で奪えていたことからしても、効率よくサイドへ追いやり、数的有利な状況を作れていたのではないでしょうか。
トップからバックまで、皆が共通認識を持ててるからこそ、このゾーンディフェンスが機能しているのだと思います。
欲を言えば、ハーフライン辺りで相手からボールを奪った時、素早く前方または左右に展開できない場合は、無理をせずに「後方」(バック)へ返した方が良い場面が何度かあったかと思います。

[セットプレー]
一点目の失点は、相手コーナーからのヘディングをキーパー(私ですが…)がハジいて押しこまれてしまいましたが、ヘディングをした選手がドフリーでした。
セットプレーの際は、マークする選手をお互いで声を出して確認し合い、もっと激しくマンツーマンでついたほうがいいと思います。
プロの試合でもセットプレー時のペナルティーエリア内のポジション取りは、それこそ激しいものと思います。
昨日の試合では、他にもセットプレーで相手をフリーにする場面がいくつか見受けられたので気になりました。

もしチーム方針と異なる意見だった場合は気にしないでください。
今年もあと二ヶ月半ですが楽しんでいきましょう。

【西村】
藤原さん

コメント有難うございます。
ご指摘ごもっともです。
実は、セットプレーもゾーンでやろうとしています。
これにはそうなの?セットプレーはそうじゃないほうが良いのでは?という声があるのも十分に認識しています。
一方で、セットプレーのマンツーマンに限界を感じていて、簡単に個々人のレベルが上がらないと思っています。なので、頭を使って勝負しかないのではと思っています。
ただ、セットプレーのゾーンの守り方は、確立できていなくて(この部分あまり本とかにもこう守るべしというのがなくて)、試行錯誤を繰り返して、セットプレーだけでの練習(特に立ち位置の研究)をして、少しづつ確立していくしかないかなと感じています。

西村

参加者(15名)
イチロー、八塚、竹村、香取、花岡、山川、今林、長嶺、小松、峯岸、岡主、西村、藤原、藤崎、タンク

28 9月17日(土) 練習試合

FCアイアス
TSFC

1-0

3-2

三輪(なし)

イサオ(峯岸)

イチロー(三輪)

三輪(イチロー)

健康福祉村多目的運動場

【西村】
求められていないけど、今日の感想です。

▪️良かった点
ゾーン始めてのメンバーもいた中、一定程度連携したディフェンスができていたかと思います。
撮りたい位置でボールを取れていました。
コの字を意識した展開ができていました。

▪️改善点
○トップ、トップ下
辛いかもだけど、直ぐにチョウチンアンコウのように、トップは反対に蹴らせない位置、トップ下は相手のボランチに蹴らせない位置に入る癖を意識したいです。
また、トップ下は特に相手がロングを蹴ろうとした時に、蹴らせないように距離を詰めたいです。
○ハーフ
僕もハーフをやって出来ていないですが、ロングが相手のバックから入った時に、仲間のディフェンスによる動きが出来ていないです。
落としのボール、及び、ディフェンスと挟む動きを意識したいです。
相手のディフェンスが蹴った時にボーと見ているのではなく、ディフェンスに寄るようにしたいです。
○バック
相手の動きに惑わされているシーンがいくつかありました。相手の動きは、優先順位の最後です。ボールの位置、仲間の位置で、自分の位置を決めたいです。
それと、これは、特に僕も含めたセンターバックですかが、キックオフ時の、裏に蹴られることへの反応はもっとしっかりしたいです。
危機感をみんなで持ちたいです…
○全体
ボールが上にけられたときに競りに行った仲間への寄りが甘いです。ボールが空中にいてもボールを中心として陣形を作りたいです。
どこでも距離感を意識していきましょう。

以上でーす。

【藤崎】
藤崎です

昨日はお疲れ様でした。3か月ぶりの参加でしたが、やっぱり楽しかったです!
ゾーンの戦略は初めてでこなせるか不安はありましたがある程度理解は出来ましたし、とても効率的な守備方法だと思いました。
相手も非常に攻め辛そうで、ロングで打開するしかない感じでしたし。ただその処理が課題ですね。まさしくそれに自分自身がヤラレましたが…
あとはやはりみんなの声掛けがないと陣形を維持する意識が薄れてしまいますね。そこは西村に頼りきりになってしまいましたね。
あと、個人的には、陣形の維持を意識し過ぎて、司に言われたように、自分のゾーンの敵にボールが入ってきた時の詰めが甘かったです。修正します。

【三輪】
お疲れ様です。

西村さんから各ポジション別の講評があったのですが、重複する部分あるかもしれないですが書かせていただきます。

◯ディフェンス面
チームとしてボールの取り所の共通認識が出来てるので間違いなく守備力が向上してるとおもいます。この方向性は間違ってないはずなので、継続しながら精度を上げれば良いと思います。ただ、相手のコーナーでゾーンで守る時に、例えば190センチぐらいの相手がいてもゾーンなのか等応用出来るようにはしとかないと昇格争うチームとやる場合ではきつくなってくると思うので、少しずつ擦り合わせ出来れば良いと思います。
◯オフェンス面
昇格に向けてはどれだけ失点しないかがポイントになると思います。昇格争いするチームと試合するときはオフェンスといえど失点のリスクを抑える攻撃の仕方が必要だと思います。
オーケーな取られ方と取られたら一気にピンチになる場合も皆が共通認識出来ればより負けないチームになれると思うので、そこも意識して今後練習試合をこなせれば良いと思います。

参加者(16名)
イチロー、藤崎、カルロス、中村、竹村、山川、今林、大池、香取、湯原、小松、西村、三輪、峯岸、花岡

27 9月4日(日) 公式戦

トーシンFC

1-2

竹村(PK)

-


参加者(15名)
峯岸、イチロー、イサオ、カルロス、長嶺、小松、タンク、大池、竹村、新上、山川、西村、名倉、三輪、玉田

26 8月28日(日) 練習試合

FCアレグリア
武蔵野不発団

4-1

3-0

八塚(なし)

峯岸(イチロー)

峯岸(イチロー)

山川(なし)

新上(タンク)

新上(タンク)

大池(カルロス)

武蔵野通研グランド

参加者(16名)
イサオ、竹村、イチロー、新上、三輪、カルロス、タンク、山川、名倉、今林、西村、八塚、長嶺、玉田、峯岸

25 8月6日(土) 練習試合

ワールドオールスターズ

3-2

イチロー(イサオ)

峯岸(イチロー)

竹村(なし)

二子多摩川緑地球技場

【長嶺】
1.攻撃
今日もゾーンディフェンスでカットも多く、そこからの攻撃のシーンが非常に多くなったと思います。
攻撃の際に、中の人数が足りなかったり、ボールを奪ってからトップにつないで終わってしまっていることがあると思います。
攻めている時も、ゾーンディフェンスと同じで全体で攻撃すれば良いと思います。
サイドバックやハーフはサイドに開いたり、ボランチはバランスを考えスペースが開かないようにどちらか1人が攻めてもう1人は真ん中のスペースを埋めておくなどすれば良くなるのではないかと思います。
状況によって変わってくるとは思いますが、全体で守り、全体で攻めるイメージでやればいいのかなと思います。そうすることで、間延びすることもないしコンパクトに出来ると思います。
あとは、ハーフより上で取れる場合はどこで取りきるかなど決めておくのも良いかもしれません。今日の一郎さんがカットしてシュートまで行ったように、ハーフは相手のサイドバックにボールが渡った時に取りに行くなどするといいかもしれません。

2.守備
ゾーンディフェンスが馴染んで来て、いい感じだと思います。いつもディフェンスでボールをとることが出来ているのは、囲んだり人数が多い時にカットしきれているので良いお思います。
逆にカットしきれなくなるとピンチになるので気をつけたいと思います。前半などはみんなが動けて連動しカット出来ていますが、どんどん時間が経つとスペースが開き出したり、カットしきれずにピンチになることがあるので、そこを改善できれば良いと思います。
ディフェンスは基本サイドに追い込んでボールをとると思っています。攻撃でも書きましたが、ハーフが相手のサイドバックにプレスをかけてもらうと、そこで取れるのが1番良いですが次に相手がボールを出すタイミングがチャンスだと思います。プレスをかけてもらっているだけで、相手は焦ってミスをしますし、相手のハーフやトップに当てる時も慌てて出したりなどカットするチャンスなので、そこを狙うのがいいと思います。

3.全体
ゾーンが上手く機能してきていると思います。
あとは、走り続ける体力、攻める時の攻め方、ディフェンスのカットのタイミングを決めてこれからも頑張りましょう!


【萩野】
ゾーンをやり出してから、初の参加になりましたが、実際にやってみて思ったのは、アスタリスクのサッカーには合ってるんじゃないかなーという事です。
全員が同じ認識のもと動き、守っていくのはすごく良いと思いました。ただ、常に周りとの距離を意識するのを忘れると、(特に西村さんから)すぐに『ホーム!』と呼び戻されてしまうので、走り回る習性がある人(自分と倉井さんだけ?)は、気をつけないとダメですね。なので、個人的にはもっと意識付けしたいと思います。


参加者(14名)
イチロー、タンク、竹村、イサオ、香取、西村、小松、今林、岩崎、萩野、山川、長嶺、カルロス、峯岸

24 7月24日(日) 公式戦

砧クラブ

12-0

西村(大池)

三輪(竹村)

イチロー(なし)

峯岸(竹村)

峯岸(竹村)

八塚(なし)

新上(大池)

峯岸(八塚)

峯岸(なし)

イチロー(なし)

八塚(新上)

大池(峯岸)

三郷市江戸川第三運動公園

コメント募集中

参加者(15名)
峯岸、イチロー、小松、香取、カルロス、西村、竹村、タンク、八塚、山川、新上、大池、花岡、三輪、石田

23 7月17日(日) 公式戦

開成OB

1-5

岩崎(大池)

秋留台公園陸上競技場

コメント募集中

参加者(15名)
峯岸、イチロー、竹村、タンク、新上、西村、小松、山川、名倉、大池、長嶺、岩崎、カルロス、香取、花岡

22 7月9日(土) 公式戦

アンクラーズ

3-0

大池

イチロー

オウンゴール

柴又球技場

コメント募集中

参加者(11名)
峯岸、絵畑、タンク、山川、小松、西村、新上、岩崎、三輪、大池、花岡

21 7月2日(土) 練習試合

スカイフリー・AM
JFE商事サッカー部

-

-

-

越谷市流通公園サッカー場

コメント募集中

参加者(14名)
西村、竹村、八塚、タンク、今林、香取、山川、長嶺、小松、峯岸、助っ人×3、花岡(見学)

20 6月26日(日) 公式戦

矢上REDWALLES

1-5

イチロー(峯岸)

日本大学稲城総合グラウンド

コメント募集中

参加者(14名)
イチロー、タンク、山川、峯岸、香取、花岡、カルロス、三輪、八塚、大池、西村、岩崎、小島、長嶺

19 6月18日(土) 練習試合

エルサバド
エルサバド(混合チーム)

1-3

2-3

峯岸(香取)

イチロー(藤崎)

山川(三輪)

秋ヶ瀬公園第二グランド

コメント募集中

参加者(11名)
イチロー、タンク、山川、峯岸、中村、香取、花岡、藤崎、カルロス、三輪、助っ人×3

18 6月11日(土) 公式戦

大和証券サッカー部

0-2

-

吉見総合運動場

コメント募集中

参加者(11名)
イチロー、タンク、竹村、山川、峯岸、名倉、八塚、コウジ、岩崎、倉井、中村

17 6月5日(日) 公式戦

酉松会ア式蹴球部

3-0

新上(イチロー)

イチロー(タンク)

コウジ(なし)

吉見総合運動場

コメント募集中

参加者(15名)
イチロー、香取、タンク、竹村、西村、山川、峯岸、花岡、小松、名倉、八塚、コウジ、玉田、岩崎、石田

16 5月28日(土) 公式戦

東京都庁サッカー部

1-5

岩崎(コウジ)

新砂運動場

コメント募集中

参加者(17名)
イチロー、香取、タンク、竹村、西村、山川、峯岸、花岡、小松、長嶺、名倉、八塚、コウジ、岩崎、三輪、カルロス、石田

15 5月7日(土) 練習試合

スカイフリー・AM
FCアイアス

2-2

0-1

イチロー(タンク)

イチロー(なし)

しらこばと運動公園第2競技場

コメント募集中

参加者(14名+助っ人3名)
イチロー、香取、タンク、竹村、西村、山川、峯岸、花岡、新家、藤崎、名倉、岡主、湯原、石田、助っ人×3

14 4月16日(土) 練習試合

三菱化工機サッカー部

2-5

八塚(大池)

峯岸(助っ人)

新横浜第1運動広場

コメント募集中

参加者(14名)
イチロー、香取、タンク、竹村、大池、西村、山川、峯岸、八塚、中村、野内、助っ人×3

13 4月10日(日) 公式戦

インター三田FOOTBALL CLUB

2-1

玉田(イチロー)

竹村(香取)

K9 football park ICHIHARA

コメント募集中

参加者(17名)
イチロー、香取、タンク、竹村、小松、花岡、名倉、大池、長嶺、萩野、西村、岩崎、山川、峯岸、八塚、玉田、石田

12 4月2日(土) 練習試合

博報堂サッカー部

2-2

八塚(なし)

イチロー(大池)

大宮健保グラウンド

コメント募集中

参加者(18名)
イチロー、香取、タンク、竹村、小松、花岡、名倉、大池、長嶺、新家、西村、岩崎、山川、新上、峯岸、三輪、八塚、萩野

11 3月27日(日) 練習試合

NERIMA FC
F.C.Crescendo

3-7

3-2

新上(新家)

イチロー(大池)

イサオ(なし)

峯岸(山川)

西村(峯岸)

山川(なし)

練馬区総合運動場

【峯岸】
今日はお疲れ様でした。
今年は自分自身、監督兼キャプテンという立場でやらせてもらってる中で今日は本気で楽しみにしていた試合でした。
内容としては非常に気持ちが入っていてベンチメンバーからも積極的に声出しをしながら楽しめたと思っています。
また、公式戦さながらの感覚でいつも以上に勝ちにこだわって試合に望んでいました。
ただ、その中で3本目に関しては悔しい気持ちと自分の不甲斐なさでチームを勝利に導くようなプレーもできずに反省してます。
失点は藤原さんだけが反省すべきでなく、勿論ディフェンスだけが反省すべきではないです。
チーム全体として、その中で自分が何をできたのか。
個人的には上手い選手ではないのに、今の立場で先頭でやらせてもらっていることをもっとプレーでも精一杯泥臭いプレーも出して苦しいときこそ引っ張っていけるように精進しなければと。
とはいえ、今年最多の21人が集まり賑やかでこのチームの楽しさとみんなの人の良さを改めて感じることができました。

4月からはさらに雰囲気よく上昇気流にのっていきましょう!

【名倉】
今日は、良くも悪くもうちのチームらしい試合だったと思います。
青→相性がいい
エンジ→相性が悪い
青は強いけど、うちのチームとしてはやりやすい感じでした。
テクニックはあるものの、緩急がない。
攻められても、対処ができる。
そんなイメージで、まぁ、どこにでもいる、4部上位チームといった感じでした。
逆にエンジは、うちが1番苦手とするタイプだったと思います。
前に若くて早いのを配置して、後ろから熟練がロングを放り込み、裏を狙う。
そんなイメージです。
恐らく、今の状態で、あの手のチームと夏場にやったら壊滅しますね。
スピードやテクニックで止められない以上、数をかけるしかないと思いますが、
そこの受け渡しのお約束ができていませんでしたね。
自分のマークを外すなら、誰かに任せる指示をするとかですかね。
そうすれば、バイタルエリアで相手がフリーで前向いてボールを持っている状態はなくせるのかなと思います。
やってみないとわからないですが、
もうライン上げて、オフサイド取りに行くとか、楽したディフェンスができるといいんですが、
次の練習試合で、徹底的にライン上げまくる練習とかやってみますか。

攻撃の面も、とても今の状態を良く表していると思います。
うまく型にはまって、ダイレクトでボール回し、展開ができた時はゴールにつながる。
実にシンプルです。素晴らしい。
まあ、数をこなしていけば解消されてくるとは思いますが、連携ミスがまだまだ多いのが残念です。
思い込みのパス出しや適当なキックをなくし、意味のあるキックを心がけていけば、
より点が取れるのではと思います。
個人的には今日の得点は、ラッキーなものと、必然的なものが混在していると思います。
ラッキーも実力のうちだとは思いますが、それを必然に変えていきたいですね。
まぁ、ディフェンスの中心メンバーとしての感想は、7点も献上すれば、崩壊するわなぁといった感じです。
あのレベルをせめて、半分には抑えないと3部は見えてきません。
結果だけみたら、ザルだと言わざるを得ない状況です。
今日は公式戦前の良い経験になったと思います。

【小島】 先週の寸評というか決め事です。
コーナーキックのときに西村がニアに入るので、そのスペースを空けること。
フォワードがボールを取りに行く際の内側カットの徹底。どこからかボールを取りに行くのか、チームとして共通意識を持つこと。
西村がスイーパーしてるときでも、ラインの高さを気にする。高度なラインコントロールは出来ないので、せめてマイボールになったときにラインを押し上げることで、中盤をコンパクトに保つことを心掛ける。
ディフェンスがダラダラとラインを上げずにいると、それだけ中盤が苦しくなることをを忘れずに。

参加者(22名)
イチロー、香取、タンク、藤原、竹村、小松、カルロス、花岡、名倉、大池、倉井、長嶺、新家、玉田、西村、藤崎、岩崎、山川、新上、岡主、峯岸、石田

10 3月12日(土) 練習試合

オリンパスサッカー部

3-2

西村(タンク)

山川(なし)

イチロー(峯岸)

江戸川サッカー場5面

【カルロス】
●総評
そこそこ若くて同じくらいのレベルの相手に、0ー1からトータルで3ー2と逆転でき、諦めずに苦しいラストの時間帯を頑張れたのは良かったと思います。ただ、できればお互い体力がある最初の2本で引き分け以上にしたかったです。

●良かったところ
-声かけできたときのディフェンス
<&nbsb>西村さん中心に声かけしてマークをつけれたときは、うまくはめれて相手のパスミスなどでボールを奪取できていたと思います。
-いつも通りの両サイドからのカウンター <&nbsb>相手の体力が落ちてからは特に

●改善すべき点
-簡単なパスミス
<&nbsb>自分もやらかしてしまいましたが、プレッシャーがない時のパスミス自滅はゼロにしたいです。
<&nbsb>練習中から一本でもミスしないように緊張感持ってやっていきたいです。
-オフサイド
<&nbsb>ギリギリの駆け引きじゃない場面で、二本、三本続けてオフサイドはもったいないと思いました。
<&nbsb>オフサイドにならないことを意識する練習とかもしても良いかと思いました。
-シュート精度
<&nbsb>一対一のシュートの練習をやることが、勝利への費用対効果が最も高いかと思います。

●やりたいと思ってること
-フォワードの落としを起点とする厚い攻め
<&nbsb>DFラインから両サイドへのカウンター攻撃は効果的なのですが、それが一辺倒になって機能しなくなった時に、それ以外のパターンが欲しいと思いました。フォワードへの縦パスを起点として、その落としを中盤が拾ってサイドの裏へつなげるような攻撃が、プロの試合を見ていると有効に思えました。
-ボランチに当ててもらう
<&nbsb>一見無意味に見えるボランチとのパス交換は、実は相手の守備陣形を崩すのに寄与しているとのことを以前、代表の遠藤のTV特集で知りました。自分がしっかりとできていない部分があるので、頑張って信頼して出してもらえるようになりたいです。そして特にDFラインのみなさんには、バンバン出してもらってリズムあるビルドアップしていきたいです。

参加者(14名)
イチロー、タンク、イサオ、玉田、カルロス、藤崎、中村、山川、名倉、香取、小松、岡主、峯岸、西村

9 3月6日(日) 練習試合

武蔵野不発団
HUGO FC

1-2

4-1

峯岸(なし)

八塚(イチロー)

新上(八塚)

イチロー(タンク)

イチロー(タンク)

NTT武蔵野通研グラウンド

【岩崎】
今日参加のみなさん、お疲れ様でした。

武蔵野不発団との試合は相手に合わせてしまうという、悪い面のアスタリスクらしさが出てしまった気がします。
2失点ともDF(特にセンターの俺と八塚)の連携ミスから起こってしまいましたが、非常に縦の狭いNTTグランドで前線からのプレスや中盤でのツメが緩くなると1本の縦パスが大ピンチを招きます。西村がベンチにいたため、後ろからの指示の声が足りなかったのも要因の1つだと思うので、これからは俺ももっと声を掛けていきたいと思います。

HUGO戦は打って変わって全員がプレスの意識を持ち、連動した守備からボールを奪い、素早い攻撃が出来ていたと思います。セカンドボールへの反応もよく、トップのマコを狙った攻撃に相手は四苦八苦していました。リズムの良い時はみんな声もよく掛け合っていて、波状攻撃も出来ていました。
右SBのタンクからのロングボールはグランドを対角線上に飛び、ゴール前ならアーリークロスに、ファーまで流れればきれいなサイドチェンジになるので、攻撃のアクセントとしてとても有効だと思います。

20周年のメモリアルイヤーを飾るべく、来月から始まる公式戦も頑張ってイキましょう!!!



【タンク】
日曜日はお疲れさまでした!

総評
人数が少ない中、相手チームにも参加するなど体力強化にはバッチリな1日でした。1勝1敗と勝ちきれなかった事は悔しい限りです。勝ち切るために2つの観点から考えてみます。

一つ目は声出しと声掛け!
西村さん、岩崎さんを筆頭にバックから支持の声出しがしっかりと出ていたので全体を通してメンバーの動きが良かったと思います。全体の声出しとは別に近場のメンバー同士で声を掛け合って動きの確認をしていくと更に試合中のプレーが良くなると思いますので各メンバーで声を出しあったり確認をしていきましょう!試合中に限らず試合後に、あれは良かった悪かったなど、常にコミュニケーションがあるのもアスタリスクの良い点だと思いますので時には衝突もしながら改善点を見つけて声の掛け合いをしていけたらいいと思います。

二つ目はメンタル!
試合中の声出しや声掛けにも通じますが、体力に限界を感じたり点数を取られたり、または押されている試合ではどうしてもうまく試合が回らない事があると思います。その時も各メンバーで声を掛け合いながら各々折れない気持ちでプレーしましょう!ミスをしてもそれを取り返してやろうという気持ちを1人のメンバーが見せてくれれば回りも連動してやってやるぞとなると思います。
試合前の話し合いやゲームの流れなど、公式戦が始まるまでの準備段階として順調に出来ていると思います。あとは体力気力を準備しながら3部昇格を目指しアスタリスクの楽しく勝つサッカーを実現していきましょう!

20周年の節目にチームに参加出来ている事を感謝しつつ全力でプレーしていきます!

参加者(12名) + 1名
イチロー、八塚、タンク、中村、竹村、新上、長嶺、岩崎、山川、西村、カルロス、峯岸、助っ人

8 2月21日(土) 練習試合

スカイフリー・AM
有頂天FC

3-0

7-0

イチロー(なし)

新家(三輪)

own goal

名倉(新家)

イチロー(三輪)

竹村(三輪)

倉井(イチロー)

倉井(なし)

山川(三輪)

峯岸(八塚)

しらこばと運動公園第2競技場


コメント募集中

参加者(14名)
竹村、タンク、香取、名倉、花岡、絵畑、西村、今林、山川、新家、八塚、三輪、峯岸、倉井

7 2月13日(土) 練習試合

AS LIGARO
ATU

1-1

2-1

イチロー(大池)

大池(なし)

中村(大池)

荒川河川敷小菅競技場A面

【西村】
コメントです。書くことないなーと始め思っていましたが、長文になってしまいました。

■攻め
ハーフで3本でやりましたが、以下の3点が非常に重要だなと感じました。
1.前からの声
上を向いてしっかりとプレー出来るほどうまくないので、前のプレーヤーが名前を呼んでボールを出せと言ってもらえるとスムーズに出すことができました。
特に、イチロー、こうじからの呼びかけがやりやすかったです。
2.みねちゃんとハーフでの崩し
ワンツーで2回ほど崩せました。真ん中のハーフの人はみねちゃんにボールが入ったら、すぐに寄ってワンツーで崩すというのを意識するのが重要だなと改めて思いました。
3.ゴールキックでの競り合い
山さんにせってもらうようにしましたが、あれをもっと明確にして、山さんからイチローに出たようなヘディングでの繋ぎを増やしたいですね。
■守り
1.サイドハックの絞り
右から攻められたら左のサイドバックが絞る、逆も然り。
相手が反対に攻めてきたら軌道修正をする、というのが少しずつ定着してきたかなと思います。
2.ハーフのもう一歩のディフェンス
もう一歩ついていってほしいというのが後ろをやっていると感じます。抜かれた時に、なんとかついていって足を出すとか、スライディングで止めてやるとか、そこら辺をもうすしほしいなと感じる時があります。
それをやると相手が崩れるため、ボールがこぼれやすくなって、ディフェンスのカバーが入りやすくなるかと。
3.振り向かせない
ディフェンスは最悪落とされても良い、振り向かせないことが大切かと思います。自分のマークすべき相手がいた時、その人との距離を埋めておくのをサボらないことが大切かと思います。
例えば、守りから攻めになった時に、適切な場所にラインを上げるとか(意味なくポジションを上げるのではなく次このフォワードがこう動くかもだからここにポジションをあげようとか)、ボランチがサイドに寄った後になるべく早く真ん中にポジョンを戻すとか、そういった小さな数メートルが相手の攻撃となった時に時間を遅らせることができると思います。
■その他
キックの練習をもっと試合前にした方が良いなと感じています。



参加者(14名)
絵畑、藤原、中村、小松、山田、斉藤、山川、大池、西村、花岡、 岩崎、名倉、今林、峯岸

6 2月11日(祝日) 練習試合

STM.FC

10-5

イチロー(山川)

イチロー(イサオ)

イチロー(なし)

イチロー(なし)

新上(山川)

新上(なし)

新上(なし)

峯岸(新上)

峯岸(なし)

八塚(なし)

富士通bigcircus

【新上】
総評
昨日は朝早い中ではありましたが動きも良く、全体として相手よりも走っていたと思います。
また、試合前に今日の課題ということでポストに当ててからの攻撃展開、連動したプレスの為の声がけを意識してやろうと言ったこともあり、プレスに関してはうまくいっていた場面が多くあったかと思います。
逆にトップに当ててというボールは少なかったのでバリエーションのひとつとして、練習試合から増やしていかないといけないと思います。

守り
昨日は中盤のポジショニングの距離感良いなと感じました。
相手中盤にうまい選手もいましたが、1人が抜かれても、もう1人がカバーに入れており、数的有利な場面が多かったように思えます。
課題としては、まだまだ裏一本でやられている場面が多いと思います。
特にハーフウェイラインあたりでうまい選手やフリーの選手がボールを持った際にラインが高い位置をキープしっぱなしでやられるパターンが多いと思いますので、上げたタイミングでボールが出てこなかった場合、少しラインを下げる等やっていかないとまずいなと思います。

攻撃
昨日はいろんなパターンの得点が入り良かったとは思いますが、サイドから多く突破出来ているにも関わらず、そこから中へのセンタリングからの得点がほぼ無かったかと思いますので、そこは意思の疎通を図り精度を上げていかないとと思いました。
あと、サイドの選手はマイナスも意識してもらえればクロスのバリエーションも増えると思います。

新上
ボールを持った際には、裏への選手にボールを出すプレーはまぁまぁ良かったと思いますが、サイドを崩した際の中のポジショニングがまだまだ外に逃げる動きになってしまっているので、ニアを意識していきます。
あとは、今左膝が結構痛いので体重を落とさないとまずいなと感じております。

以上、昨日は楽しくプレー出来ましたので、これからもみんなと会話しチームが良くなれるよう頑張っていきましょう!


【岡主】
岡主です。
出すのが遅れてしまいましたが、コメントします。
久々に参加して、やっぱりアスタの皆とサッカーするのは楽しかったです!

・オフェンス
得点パターンが色々あって、大量得点出来たのでよかったと思います。
パスも途中までしっかり繋げてフィニッシュも外さず決められていたので。
サイド攻撃のとき、中に人数が揃っていれば少し遠目でも簡単に中に放り込んでもいいと思いました。
たまには、低いところから相手の裏中央へフワッとしたボールを蹴って、足の速い前線のプレイヤーがヨーイドンで
相手ゴールに向かって走ってフニッシュするパターンがあると、より相手DFを混乱させされるかと思いました。
あとはミドルシュートを打てるときは積極的に。

・ディフェンス
中盤での積極的なプレスは効いていましたが、一瞬気が抜けた時に裏を取られたりする場面はありました。
自分もそうですが、ゲームの中で相手の攻撃パターンや、ヤバい選手を早めに把握してヤバい選手にはよりハードに
マークして自由を奪うことや、パスコース等の癖を早めに見切った守りがより出来れば余裕を持った守りが出来ると思います。

参加者(13名)
絵畑、峯岸、山田、山川、花岡、八塚、香取、玉田、岡主、新上、竹村(見学)、斉藤(見学)、助っ人1名

5 2月6日(土) 練習試合

ワールドオールスターズ

3-5

八塚(イチロー)

竹村(八塚)

玉田(なし)

府中の森公園

【八塚】
【オフェンス】
パターンである、サイドをつかった攻撃ができた際はいくつかチャンスになっていた。
が、そこまでの流れを作るために以下をもっと意識した方がよいかと思いました。
<FW、トップ下>
中盤、サイトバックが持った際の楔の意識
中盤との距離
<ボランチ>
ディフェンスラインが持った際に意識的にもらう。もし、フリーだった際サイドと意識があえばコーナーフラグ目掛けてもけってもよいかと
<サイドハーフ>
常に準備すること。
足元でもらうのか、裏にもらうのか意思表示
【ディフェンス】
以下の点を意識する必要があると思います。
<コーチング>
全体的にコーチングがなく、プレスのタイミングが遅れていた。
やはりディフェンスのコーチングは後ろから出してもらいたい。
<判断>
ボールを繋ぐべきとこなのか、大きくクリアすべきなのか、多々判断出来ていない場面があったので、そこを意識してプレーをする
フィールドが悪い場合は大きく蹴ると決めるのもありかと思います。
【総評】
自分もそうですが、もっと声を掛けながらプ
レーしたら、全体的に試合運びが楽になっていくのではないかと思いました。

【藤原】
【オフェンス】
中盤でもっとサイドに展開(サイドを使って)して攻撃をすればよかったと思います。
あとは、個々がトラップ、パス等の基本的なプレーをしっかりやったほうが良いかと。
【ディフェンス】
全体のバランスを見て、可能なときはMF、DFともに高い位置からボールを取りにいってもいいと思います。
高い位置で取ればチャンスにもつながりやすいですし。

参加者(18名)
小松、絵畑、斉藤、山田、藤原、今林、八塚、長嶺、宮川、香取、中村、玉田、大池、山川、名倉、峯岸、竹村、花岡(見学)

 

日付

内容

対戦相手

スコア

得点者
(アシスト)

会場

4 1月30日(土) 練習試合

eneed

2-6

竹村(なし)

イチロー(なし)

大沢総合グラウンド

【竹村】
皆様
本日は小雨および極寒の中、お疲れ様でした。
僭越ながら本日の試合について私からコメントを述べさせて頂きます。

(課題)
2016年に入り最も強いチームを相手とする中、Asteriskにとって課題が見えた試合だったと考えます。その中で「準備《という点を挙げます。
 ・オフェンス面では、各々が常にボールをもらう準備ができているか?
 ・パスを出した後、再びもらうためにパスコースを作れているか?
 ・3人目の動きを考える事が出来ているか?
 ・ディフェンス面では、相手のパスコースを予測して動けているか?
 ・セカンドボールを予測して動きだす準備ができているか?
本日の試合では上記の点が上足していたため、各々が孤立し、ボールが繋がらず守備の時間が増えてしまったと思います。
この辺りを各々が意識し一歩目を早く出すことができれば、オフェンス・ディフェンスともに連動性が生まれ、かつ、体力の消耗も抑える事ができると考えます。
但し、個人で集中力を長時間保つ事は難しいため、お互いに「声《を出し合う事がとても大切になってきます。

(良かった点)
一方で良かった点は以下3点であり、今後も継続していきたいと考えます。
 ・ディフェンス。結果的に失点は増えましたが、集中して粘り強く出来ていました。抜かれても確りと身体を寄せる、脚を出す等が出来ていたためギリギリの部分で止めることが出来ていました。
 ・2得点。両得点ともこぼれ球から生まれた得点ですが、上記に挙げた「準備《が出来ていたからこそ、相手より先に動き、得点に繋がりました。
 ・プレーの振り返り。本日に限った話ではないですが、イサオさんのビデオを始め、試合中や休憩中にプレーを振り返り各々が意見を出し合っている点。私個人としては、この点がAsteriskの最も好き♡な点の一つであり、大きな強みだと考えます。

(総評?)
悔しい部分も幾つかありますが、本日も楽しんでプレーする事が出来ました。全員が楽しみ、4月から始まるリーグ戦は全勝し3部昇格を達成しましょう!
私個人としては、一歩目の準備を確りと行い、前に行く意識を強く持って3部昇格に貢献します!!

ACミラン本田圭祐「勝負を決めるのは準備。なかでも気持ちの準備以上のものは無いと思う。

【江畑】
本日参加された皆さんお疲れさまです。本日の試合のコメントです。

<ディフェンス>
失点はありましたが、ディフェンス陣はとても良かったと思います。相手は前線でのダイレクトプレーも多く、人も動くのでマークが外れる場面も多かったですが最後の場面や一対一ではしっかり対応できていました。後ろからの声も出ているので継続していきましょう。
課題をあげるとすると、ボールをとった後どうボールをつなげるかだと思います。ディフェンスがボールをせっかくとっても、私たちハーフですぐにボールロストしている場面が多くありました。もちろんハーフがその場面では一番頑張らなければいけませんが、ディフェンスからハーフに渡して終わりでなく、相手がきていたらサポートの声だしをしたり、もう一度ディフェンスがもらいなおしたりするなどしたほうがいいと思いました。eneedさんはサイドチェンジが本当にうまかったので参考にしましょう!

<オフェンス>
ディフェンスの時間が多く前線が孤立してしまう場面もありましたが、アスタリスクの強みであるカウンターではいい形ができていました。
ただもう少しハーフのシュートがあってもいいと思います。今日みたいに濡れたグラウンドならなおさら打つべきだと思います。

<総評>
結果は負けてしまいましたが、いいトレーニングになったと思います。三本目には互角に戦えましたし、みんな最後まで集中できていました。
なかなか勝てない練習試合が続いていますが、いい相手とせっかく試合できているので皆で意見をだしあい四月から始まる都リーグに向けて頑張りましょう!

参加者(16名)
絵畑、斉藤、長嶺、小松(車)、花岡(車)、山内(自転車)、山川 、玉田、中村、竹村、藤原、八塚、新上、大池、峯岸、西村、香取

 

日付

内容

対戦相手

スコア

得点者
(アシスト)

会場

3 1月24日(日) 練習試合

FC Vento

Mur Pellemen

0-1

0-1

-

秋ヶ瀬グラウンド F1グラウンド

【石田】
昨日はお疲れ様でした!
知識もないので、試合を観ていての感想にしかなりませんが……
キャプテンのコメントにもあった様にシュートで何度か本当にもったいない場面がありました。。
パスが上手く繋がってない所も目立ちましたが…その後の”ごめん!”の声掛けによりいつもよりもミスを引きずる感じはなく試合の雰囲気は全体的には良かった様に感じました。
素人なので考察にならずただの感想ですみません>_<
勉強しときます。。
人数も少なく寒い中でしたが本当にお疲れ様でした☆彡

【玉田】
1/24の練習試合コメント(玉田)

FC Vento戦(ピンク色ユニ)
【オフェンス】
前半を3-5-2で行い、サイド展開があまりスムーズにできない場面もあった。しかし中盤にうまく収まった時は(クッションを置ける分)、サイド展開も増え、シュートまで多く繋ぐ事ができた。前半の強い追い風時に、シュート意識を高く持ち、何点か決めておきたかった。
【ディフェンス】
ディフェンスが本職ではないメンバーも多かったが、失点に関しても完全に崩されたケースではない為、プラスに考えたい。ディフェンス時での声掛け、フォローをし続ければなお良かった。オフサイドも多く掛かっており良かった。
※個人的には、今後中盤でプレッシャーを強めに掛け続け、中盤の位置でボール奪取できるよう意識します。
【総評】
前半の3-5-2から、後半は4-5-1とし、チーム全体の連動性も生まれ、サイド攻撃など積極的に行えていた。勝てない相手ではないと認識。決めるとこで決め、しっかり守れば今後勝ちきれる相手だと思います。

Mur Pellemen戦(白色ユニ)
【オフェンス】
サイドに上手く散らせており、良い攻撃ができた。ただ、サイドに出たときにゴール前が作れていない時もあった為、その所を修正していきたい。サイド攻撃ができていた一方で、深い位置から裏に出すパスが少なかった為、チャンスがあれば増やして、いくつかの攻撃パターンで攻めていきたい。
【ディフェンス】
しっかり守れていた。失点は最後の方で足が止まり掛けていた時にやられてしまった。今後カバー意識も持ち、しっかり防いでいきたい。修正点としては、自陣深くまでボールが戻ったときに、 周りからも声を掛けハッキリとしたプレーを心がけたい。
【総評】
3部のチームだが、勝ちきることもできた試合。オフェンス面で決定的なチャンスが何回かあり決めておきたかった。ゴールまでもしっかり繋がっていた為、結果的には悔しい試合でしたが、今後のプレー、自信等にも繋がっていくと思います。
※こちらの試合も追い風時にもっと多くのシュートを打って良かったと思います‼

【香取】
玉田君から素晴らしいコメントが送られているため、非常に書きづらいですが送付します。
【総評など】
玉田君のコメントの通りなので割愛します。
【今後の改善点】
<オフェンス>
前回からやろうとしている、「ボランチ/センターバックからトップに楔のパス《が入った時はシュートまで行けるような良い形が作れてました。
今後は、相手のプレスが強い時でもボランチ/センターバックが前を向いて蹴れる場面をチームとして作ることが大事だと思います。
具体的には、以下2つの方法があると思うので、次回より実践していきたいです。
 1. ボールを持った時にDFのラインを下げる
 2. 裏に長いボールを蹴り、相手のラインを下げさせる
<ディフェンス>
しょうもないミスで失点したおきながら、自分がコメントするのもいかがなものかと思いますが。
高い位置からプレスを掛けられている間は、しっかり守れています。運動量が落ちた時、あるいはプレスを交わされると、脆くなってしまいます。
また、高い位置からのプレスは、後ろも連動し、相手を捕まえた時に効果があるので、守備の連動性を高くすることが大事です。 連動して守備をするためには、分かりやすいスイッチがあると意思の統一が簡単だとおまうので、例えば
 1. FWがダッシュで取りに行く
 2. DF/ボランチから声掛けし、FWがプレスに行く
但し、全てのプレーに対しハイプレスを敢行するのは無理なので、「取りに行かずに全体で引く《場面もスイッチを決め、対応出来るようにしたいです。
長文失礼致しましたm(_ _)m

参加者(12名)
花岡(車)、中村、大池、山川、香取、玉田、峯岸 、竹村、藤崎、野内、助っ人
Manager:石田

 

日付

内容

対戦相手

スコア

得点者
(アシスト)

会場

2 1月16日(土) 練習試合

FCアイアス

5-3

大池(なし)
山川(峯岸)
長嶺(山田)
藤原(峯岸)
峯岸(三輪)

健康福祉村 多目的運動場

【山川】
【得点&失点】5-3
①2-1
相手ボランチをFW&MFで挟んでボールを奪い、ドリブルからミドルシュート(大池)
中盤左サイドで崩され、フリーで左サイドペナルティエリア内に突破され、マイナスニアへ横パスからシュートで失点。
ボランチからFWにパス、ダイレクトでMFに落としダイレクトで右サイド裏にパス、ペナルティエリア付近からマイナスニアに横パスからダイレクトシュート(峯岸→山川)
②0-1
相手中盤からDF裏へロングパスからシュートされ失点。
③0-0
④1-1
右サイドペナルティエリア付近でゴチャゴチャしたとこからシュートせいのセンタリング(?)がそのまま入り得点(カルロス→長峰)
相手中盤からDF裏へパス、相手とGKが縺れて相手にボールを奪われシュートで失点。
⑤2-0
コーナーキックからヘディングシュート(峯岸→藤原)
DFからのロングパスをFWが縦へダイレクトで流し、中MFが右MFへ縦パスしドリブルからシュート(三輪→峯岸)

【オフェンス】
いろいろな攻撃パターンから得点を奪えて良かったと思います。
トップをやっていて思った事は、もっとボランチとかからトップにあててからの攻撃を増やせればと思いました。
そうすれば、トップ下がもっと自由になり攻撃パターンも増えると思います。
あとは相手に2失点奪われたカタチみたいに、相手DF裏へのパスも欲しかったです。

【ディフェンス】
中盤でのプレスも早く、そこで潰すことも多々あり、ロングパスも簡単には蹴らせないようにも出来ていて良かったと思います。
相手クリアー&ロングパスもDF陣が跳ね返し中盤でマイボールにほとんど出来ていた感じで良かったと思います。
あとは2失点した、相手中盤からの裏へのパスの対処の仕方が課題ですね。

【総評】
今回は相手中盤のプレスも遅く、全体的には押した試合が出来ていたと思います。
今後プレスが早い相手にも焦らずパスを回し、いろいろな攻撃が出来ればと思います。

【大池】
【オフェンス】
サイドハーフが高い位置でボールを受けることが出来ていて、そこからチャンスや得点が多く生まれていたと思います。
特に、2点目(山さん)と5点目(峯さん)はトップへ縦パスが入ったときの周りの動き出し、シンプルに繋いだ後のダイレクトプレーが綺麗に決まりました。この形をもっと増やしていければ良いと思います。
次の試合もDF→ボランチ、MF→トップへのクサビを増やしていきましょう。

【ディフェンス】
プレスのタイミング、マークの受け渡しなどのコーチングのおかげで相手ボールへの寄せが早く、球際で競り勝ってボールを奪うことが出来ていたと思います。
ダブルボランチの方が良い距離間でスペースを埋められるのではないかと感じました。

【総評】
参加人数も多く、楽しみながらプレー出来ていたと思います。
2016年初勝利!
ここから波に乗っていきましょう!

参加者(敬称略)18名 + 1名
斉藤、西村、花岡、絵畑、小松、長嶺、山川、中村、竹村、三輪、大池、岩崎、藤原、今林、山田、 倉井、日比、峯岸(メンバー希望者:三浦 )
Manager:石田

 

日付

内容

対戦相手

スコア

得点者
(アシスト)

会場

1 1月9日(土) 練習試合

AS LIGARO

スカイフリー・AM

0-2

0-1

-

しらこばと運動公園

【峯岸(C)】
【総評】
初蹴りということもあり、全体的にボールが落ち着かず2連敗を喫してしまった。
攻撃面ではチャンスは作れていたが決めきれず、守備面では裏を何度もつかれてピンチを招いていた。
ただ今シーズンはまだ始まったばかり、まずは以下を肝に銘じて戦っていくことで活路が見いだせるはずだ!
 ①まずは声をだすこと  ②ポジショニングに対する意識(立ち止まって後手に回らない、周りをフォローする意識)
 ③ボールに食らいつく気持ち
 ④失敗を恐れずにチャレンジすること
 ⑤サッカーを楽しむこと(いいプレーにはよかったと声を掛けてあげること)

終わった後に、楽しかった!疲れた!、次はこうしてみよう!と言い合える充実感溢れるサッカーを!

参加者(敬称略)17名 + 1名
絵畑、藤崎、藤原、大池、八塚、竹村、斉藤、西村、玉田、今林、花岡、山川、小松、長嶺、萩野、新上、峯岸(メンバー希望者: 三浦)

個人得点ランキング

順位

氏名

得点

1 イチロー 28
2 峯岸 16
3 山川 10
3 八塚 10
5 新上 9
6 大池 8
6 竹村 8
8 三輪 5
8 イサオ 5
10 西村 4
11 倉井 2
11 玉田 2
11 岩崎 2
11 長嶺 2
14 新家 1
14 中村 1
14 名倉 1
14 長嶺 1
14 藤原 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     
     
     
     

 

個人アシストランキング

順位

氏名

アシスト

1 大池 12
2 イチロー 11
3 峯岸 10
4 タンク 7
4 三輪 7
6 竹村 6
6 八塚 6
8 山川 4
9 香取 3
9 イサオ 3
11 新家 2
11 新上 2
11 カルロス 2
11 中村 2
15 藤崎 1
15 藤原 1
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

 

 

1999年の結果

2000年の結果

2002年の結果

2004年の結果

2005年の結果

2006年の結果

2007年の結果

2008年の結果

2009年の結果

2010年の結果

2011年の結果

2012年の結果

2013年の結果

2014年の結果

2015年の結果


≪戻る

≪TOPへ